ヨガインストラクターの資格をいくつか紹介!就業先も調べておく

HOME>トピックス>ヨガインストラクター資格で就職率がアップ

ヨガインストラクター資格で就職率がアップ

ヨガ

ヨガの資格

大阪ではヨガインストラクターとして働く場合、まずは資格から取得していきます。その中でも世界的な知名度のある資格が、全米ヨガアライアンスです。国内にも、全米ヨガアライアンスの保有者が存在しています。さらに、日本統合医療協会の定める資格も取得しておくと良いでしょう。ヨガインストラクターだけではなく、医療や福祉の現場でも活躍する資格です。他にも一般社団法人全日本ヨガ協会や社団法人日本ヨガインストラクター協会の資格を取得することもできるでしょう。このような資格を持っていれば、実績を証明できるので便利です。プロのヨガインストラクターを目指すのであれば、しっかりと資格を取得しておきましょう。

主な就業先もチェック

ヨガ

スタジオ

最もヨガインストラクターが活躍できる就業先と言っても過言ではないでしょう。一般的に、ヨガスタジオで働く人が多いのです。また、ヨガスタジオと言っても、大手スタジオから個人経営のスタジオまで様々な種類のものがあります。将来的に独立して、ヨガスタジオを立ち上げるヨガインストラクターもいるでしょう。

クラブ

フィットネスクラブやスポーツクラブで働くヨガインストラクターもいます。このようなクラブでは、ヨガをフィットネスの一つとして活用しているのです。ヨガの講師として働くのが一般的でしょう。フリーランスのヨガインストラクターとして講師を務めることもできます。自分の好きなように働けるでしょう。

施設

ヨガインストラクターの場合、医療施設や福祉施設で働くこともできます。フィットネスクラブなどと同じように、ヨガをリハビリの一環として取り入れているのです。高齢者の運動不足改善などにもヨガが注目されてきています。高齢者は増加傾向にあるので、医療施設や福祉施設でのヨガインストラクターの需要は高まっていくでしょう。