初心者大歓迎〜競馬学校でプロを目指そう〜

HOME>レポート>競馬学校に通うにはいろいろな条件があった

競馬学校に通うにはいろいろな条件があった

競馬

2種類の学校があります

競馬学校は、競馬の騎手を要請することを目的とした学校です。日本では現在中央競馬(JRA)と地方競馬(NAR)の2種類の競馬が開催されており、それぞれが独自の競馬学校を設置しています。騎手になるためには中央競馬または地方競馬が行う騎手の試験を受けてこれに合格することが必要ですが、競馬学校の卒業生には騎手試験の受験資格が与えられるのです。ちなみに競馬学校の卒業生以外には、外国で騎手の見習いをした者や、日本校内の厩舎などで一定期間以上働いたものに対しても、同様に受験資格が与えられます。中央競馬の学校は千葉県に設置されており、就学年数は3年です。地方競馬の学校は栃木県に設置されています。就学年数は2年になります。

競馬

体重制限があります

競馬学校の受験資格は、中学卒業以上の学歴のある20歳未満の人となっています。さらに競馬の騎手は体重が軽い方が有利であるため、競馬学校の受験資格には体重制限が設定されていることが特徴となっています。体重制限の詳細は受験年度や学校ごとに異なりますが、体重が44kgから46kgを超えないことが必要とされるのです。さらに裸眼の視力が0.6から0.8以上であること、健康状態が良好であることなどが条件となります。試験では学力と運動能力を確認する1次試験が行われ、合格者に対しては実際に乗馬を行う2次試験が行われます。2次試験はあくまでも騎手としての適性を確認するための者であり、乗馬未経験者であっても受験は可能です。実際に多くの未経験者が競馬学校に入学して、卒業後は第一線で活躍しています。